キヌヒカリ

キヌヒカリは関東より南、関西圏での栽培が盛んなお米の一つです。特にだしを大切にする関西のお料理には、コシヒカリでは味や粘りが強すぎると言った人たちから絶大な人気を集めています。コシヒカリのような粘り気はなく、さらっとした口当たりと炊き上がりの艶から、銀シャリや白飯に非常に適していて、お寿司屋さんや高級料亭では好まれるお米となっています。名前の由来が、炊きあがりの時の輝きが、絹のように光輝くため、というのもうなずけます。多くの有名米の改良に使われてきたコシヒカリですが、実はこのキヌヒカリには直接的にかかわっていません。その改良内容は非常に複雑で、米の系統の中では異色だと言われています。北陸ではコメが収穫前に倒れてしまう被害が多く、キヌヒカリはそういった耐倒伏性にも強い面を持っています。耐倒伏性があるために、農家から好まれて作付面積が増えた部分もあるようです。どんな料理とも相性が良いというオールマイティさにはかけますが、特筆した長所を持っているために、独自に愛される道を作ったお米、それがキヌヒカリだと言えそうです。

コメントは受け付けていません。